fc2ブログ
2014
01.25

たおの石けんブッククラブ その3

Category: 習うこと
IMG_4945.jpg

お花から近づく春を感じます。
3回目のたおさんの石けん教室のテーマは「温度」でした。

石けんはオイルと苛性ソーダを合わせて作るのですが
その2つを合わせる温度の目安があります。
一人で作る時にはいつも温度計と睨めっこ
湯煎したり、氷で冷やしたり
同じタイミングに両方が適温になるように、こまごまとやっていましたが
こちらの教室では温度計を見ることはほとんどなく。
ボールの底に手を当てて、「そろそろですね〜」といった感じ
私にとっては大きな衝撃でした。


温度はあまり大切ではないのかなぁ〜と思いきや
そういうわけではなく
オイルの種類や作りたい石けんのデザインや質感によっては温度が鍵となり
失敗したり成功したりという事があるようです。


私は経験も浅く、いつもレシピ通りに温度計で計ってやっているせいか失敗もないので
逆に疑問もなくて
講義の時には「そうなのか〜!」と聞いていましたが
帰ってテキストを見てみると、なんだかちゃんと理解できていないようです。


多少何かが違っても
適切に対処していけるのは科学の知識と豊富な経験があるからこそ。
それ故、数字にたよらず
自分の感覚を頼りにできるんだなと思うところはお菓子作りと通ずるところ。
目に見えないところで大きく変化している。
それを感じ取る感性が大切なように思いました。



実習はシアバターをたっぷり使った石けん
温度計を使って型入れのタイミングをはかります。


IMG_4939.jpg

温めたオイルに
同じくらいの温度になった苛性ソーダを入れ
生地温を計ります。
今回は42℃


IMG_4941.jpg

ブレンダーにかけながら、生地温が1℃上昇するのを待ちます。
43℃
軽くとろみがつきました。


IMG_4942.jpg

IMG_4946.jpg

ラベンダーの精油を入れて型に流します。


IMG_4943.jpg

保温などはせず、そのまま放置しておきます。




お片づけの後のお茶タイム

IMG_4947.jpg

福島から参加された方からの差し入れの季節限定の「ままどおる」チョコレート味
沖縄から参加の方もいらしたそうで
車で30分とかからず参加させていただける私はとってもラッキーです。

参加される方のほとんどがベテランで先生もされているような方ばかりなので
お茶タイムは何を話して良いのやら、いつもドキドキなのですが
今回は石けんとは関係ない話で思いがけず盛り上がり
リラックスできた楽しい時間でした。

そうこうしている間にすっかり固まった石けんを手に向かった先は・・・






お友達のいる「Cafe cache-cache」

IMG_4948.jpg

「根菜カレーのランチ」

IMG_4949.jpg

「ガトーショコラ」

たくさんおしゃべりして
疑問も解消して
アドバイスもいっぱいもらって
元気いっぱいで帰宅です〜



帰りにあんぽんたんで「ラスク」と「ちょーなが」を子供のお土産に買って帰ったら
「あんぽんたんに行ったのに、なんでシュークリームを買ってこなかったの!」
と姫1に逆に文句言われて、私の機嫌は「−1」(`へ´)




翌日の型出し後の石けん

IMG_4952.jpg

とってもリッチな質感です。
早く使ってみたいなぁ〜


トラックバックURL
http://kikokinsei.blog.fc2.com/tb.php/216-470f12bc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top